アクセス解析 合計 今日 昨日 カウンター 堕落した日々を目指して: 納豆のネバネバで池を浄化 杭全神社
このブログはFirefoxで作成しています。 他のブラウザでは文字化けや文字が重なる場合があるので注意してください。 駅弁

堕落した日々を目指して

新着記事

2010年04月04日

納豆のネバネバで池を浄化 杭全神社

すごいよな本当ならどんな池でも綺麗になるって事だもんな

納豆のネバネバ成分の効果で、濁った池が数時間できれいに−。水質浄化剤メーカーの
日本ポリグル(大阪市)は3日、アオコや藻で汚れている同市平野区の杭全神社の弁天池で、
納豆に含まれるアミノ酸を成分とする水質浄化剤の散布実験を公開した。


 水質浄化剤の散布作業中の池(右)と約6時間後、透明になった池=3日、大阪市平野区
 主成分は納豆菌から取り出したポリグルタミン酸。アオコなどに作用し、互いに引き付けさせる
ことで固形状にし、取り除きやすくする。生態系にも影響はないという。

 この日は広さ約千平方メートルの池に濃度0・1%以下の溶液をホースで散布。
20〜30分後には藻などが塊となって浮上し、約6時間後に網で取り除くと、緑色に濁っていた
水面が透明になり、カメが泳ぐ様子も見られた。

 同社の小田兼利会長(69)は「次は道頓堀をきれいにしたい」と意気込んだ。
杭全神社の藤江正謹宮司(63)は「神社だけでは手に負えなかったが、池がきれいになってうれしい」と
話した。


どの国もさいようすればいいのに
posted by 堕落者 at 19:36 | 鳥取 | Comment(0) | TrackBack(0) | ローカルニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145615835

この記事へのトラックバック