アクセス解析 合計 今日 昨日 カウンター 堕落した日々を目指して: の遺体を切断し、セメントで固めて捨てる 無職男(37)を逮捕 - 大阪・河内長野
このブログはFirefoxで作成しています。 他のブラウザでは文字化けや文字が重なる場合があるので注意してください。 駅弁

堕落した日々を目指して

新着記事

2006年07月09日

の遺体を切断し、セメントで固めて捨てる 無職男(37)を逮捕 - 大阪・河内長野

母の遺体切断、37歳男逮捕 セメントで固め庭に放置
 母親の遺体を切断し、セメントで固めて捨てたとして、大阪府警捜査1課は23日、
死体損壊と死体遺棄容疑で、同府河内長野市楠町西、無職大沢八起容疑者(37)を逮捕した。

 「外出から帰ると冷たくなっていた。どうしていいか分からず1日放置した後、切断した」と
供述しているが、同課は殺人の疑いもあるとみて追及している。

 同容疑者は22日に自首。供述に基づき、自宅庭から人骨の入ったバケツが見つかった。
同課は死因などを詳しく調べる。

 調べでは、大沢容疑者は昨年5月下旬ごろ、自宅で母の広子さん=当時(57)=の遺体を
のこぎりなどで切断。頭蓋(ずがい)骨などの骨をバケツ3個に入れ、セメントで固めるなどして
自宅の庭に放置した疑い。
posted by 堕落者 at 23:38 | 鳥取 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 大阪ニュース
この記事へのコメント
お願いします
Posted by ゆうこ at 2006年07月12日 03:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック