アクセス解析 合計 今日 昨日 カウンター 堕落した日々を目指して: 「命が担保」 自殺した借り手の保険金、年3600件受け取る…消費者金融大手5社
このブログはFirefoxで作成しています。 他のブラウザでは文字化けや文字が重なる場合があるので注意してください。 駅弁

堕落した日々を目指して

新着記事

2006年09月13日

「命が担保」 自殺した借り手の保険金、年3600件受け取る…消費者金融大手5社

恐ろしいな
担保が命なり、良いのか?
こんなことで

消費者金融各社が借り手に生命保険をかけている問題で、消費者金融大手5社が05年度に
受け取った死亡保険金は3万9880件で、うち1割にあたる3649件の死亡理由が
自殺だったことが、金融庁の調査で分かった。金額は明らかではないが、保険金は借り手が
残した借金の穴埋めに使われたとみられる。事実上「命が担保」となっている実態が、
改めて浮き彫りになった。

この生命保険商品は「消費者信用団体生命保険」と呼ばれ、消費者金融会社が保険料を負担し、
借り手が死亡すると消費者金融に300万円を上限に保険金が支払われるのが一般的。
複数の業者から借りている場合にはその都度加入するため、実際の自殺者数は支払件数より
少ないとみられる。民主党の長妻昭衆院議員の質問を受け、金融庁がアイフル、アコム、
プロミス、武富士、三洋信販の消費者金融大手5社から聞き取り調査した。

金融庁によると、保険加入から1〜2年以上たつと、保険金を受け取る際に死亡診断書などの
提出が省略できる。死因が特定できないケースもあるため、自殺を理由とした支払いが、
実際は今回の調査結果より多い可能性もあるという。

業界関係者によると、この仕組みは20年以上前に始まり、原則として借り手全員に加入して
もらっているという。大手消費者金融の幹部は「住宅ローンの団体信用生命保険と同じで、
遺族へ借金返済の負担が及ばないようにする借り手へのサービス」と言う。

これに対し、消費者金融に詳しい宇都宮健児弁護士は「無担保が売り文句なのに、
命を担保にしている。過酷な取り立てを助長する要因にもなっているのではないか」と
指摘する。警察庁のまとめでは、05年の全国の自殺者数は3万2552人で、うち動機が
「経済・生活問題」のケースは7756人にのぼる。

消費者信用団体生保をめぐっては、生保加入の同意書が借金の申込書と一体になり、
生保加入に気づかない借り手が多いことが問題化。金融庁は生保各社に対し、借り手が
保険加入に同意したことの確認を徹底するよう指導している。

 
http://www.asahi.com/business/update/0913/044.html
posted by 堕落者 at 11:49 | 鳥取 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 悪徳業者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23685217

この記事へのトラックバック