アクセス解析 合計 今日 昨日 カウンター 堕落した日々を目指して: 「漢字や漢方、韓国が起源として世界遺産に」話に、中国憤激 宮崎哲弥氏「両国は仲悪い」
このブログはFirefoxで作成しています。 他のブラウザでは文字化けや文字が重なる場合があるので注意してください。 駅弁

堕落した日々を目指して

新着記事

2006年11月26日

「漢字や漢方、韓国が起源として世界遺産に」話に、中国憤激 宮崎哲弥氏「両国は仲悪い」

「お笑い!韓国人が漢字を発明しただって?」こんなタイトルの記事が中国・人民日報社の
ウェブサイトに掲載された。この記事では「漢字を韓国人の発明として世界遺産に申請すべし」
という進言がある、という話などを紹介。極めつけは「孔子は韓国人」説。この荒唐無稽とも
いえる主張に、中韓のネット上では激論が繰り広げられている。この「ゴーマン主張」が日本
の週刊誌やテレビでも報じられ、日本でも失笑の声が上がっている。

この記事が掲載されたのは、2006年10月25日。それによると、騒動の発端は漢字を研究する
ウェブサイトに、韓国人が投稿した英語の文章だ。この文章はまず、囲碁、サッカー、サムスン
電子の製品などで韓国が優れていると述べた上で、「13億人口を持つ民族が8千万人の人口に
負けたのは、韓国人はあらゆる分野において中国人より優れているからだ」としている。
(続く)
■ソース(J-CASTニュース)
http://www.j-cast.com/2006/11/21003931.html

韓国と中国は中悪いのだろうか
とてもじゃないが発想自体凄い事だ
タグ:韓国 中国 漢字
posted by 堕落者 at 07:24 | 鳥取 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮・韓国・中国
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック