アクセス解析 合計 今日 昨日 カウンター 堕落した日々を目指して: 農協がセクハラで大揺れ 無理やりキス・ナデナデ・・・北海道当麻町
このブログはFirefoxで作成しています。 他のブラウザでは文字化けや文字が重なる場合があるので注意してください。 駅弁

堕落した日々を目指して

新着記事

2007年05月18日

農協がセクハラで大揺れ 無理やりキス・ナデナデ・・・北海道当麻町

北海道なんとかしろよ

人来なくなるぞ

 

特産品の「でんすけすいか」で知られる北海道当麻町の当麻農協が、セクハラ(性的
嫌がらせ)問題で大揺れとなっている。現元職員の女性2人が前組合長(61)と元課長
(44)からセクハラを受けたとして約1000万円の損害賠償を求めて提訴。うち1人は
強制わいせつ容疑で警察に告訴し、農協が課長を懲戒解雇する異例の事態に発展した。

組合員も、でんすけすいかの出荷時期を迎えているだけに、イメージ低下を懸念。怒りと
困惑が広がっている。

関係者の話などによると、女性2人=いずれも(32)=は2005年3月から06年10月に
かけて、職場や宴会の席で当時の組合長や課長に、体を触られたり、無理やりキス
されたりした。女性の1人は耐えきれず、昨年末に退職。「今思い出しても許せない」と強く憤る。

農協側は調査した結果「すべて農協側に問題があった」(西川泰弘理事)と非を認めており
訴訟についても和解を目指す考え。ただ、課長は懲戒解雇したものの、前組合長は
退職後であることを理由におとがめなしとした。

こうした事態に怒りが収まらないのは、組合員や女性側だ。でんすけすいか栽培農家の
50代の男性は「これから出荷の時期なので、悪影響が出るのが怖い」。女性2人の
代理人の菅沼和歌子弁護士(62)は「男性が女性を性の道具として見るような風潮が
残っている」と非難している。

ソース:ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_05/t2007051403.html
posted by 堕落者 at 06:22 | 鳥取 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック