アクセス解析 合計 今日 昨日 カウンター 堕落した日々を目指して: パチンコ・パチスロ
このブログはFirefoxで作成しています。 他のブラウザでは文字化けや文字が重なる場合があるので注意してください。 駅弁
新着記事

2006年04月29日

コピー その4

僕がパチスロでどう負けてきたかを書いてみます。
それでなにかがわかるかもしれません。

僕の認識は、それほど深くないと思いますが、ここに書いてみます。最初の頃は、
適当に勝ったり負けたりしていました。でも、初級や中級で説明したように、それじゃ
100%勝てないことがわかりました。そして、僕は普通の人に比べて決定的に運がない
ということも自覚していました。それでも、何とかして勝ちこみたかった。

それで、自分なりのセオリーを作ろうとしました。これだけは守らなきゃいけない、
いわばパチスロをやるにあたっての、絶対不変の法則作りとやり方作りです。
それは、以下の項目でした。

●運じゃ勝てない。だから、運に頼らない法則をつかまなければならない。
つまり、今日はついてたから勝った、ついてないから負けちゃった・というのでは、基本的に
理由がいい加減すぎて、勝ちを継続していくことは出来ないだろう。だから、その不可知の
部分に対する認識を深めて、運やまぐれをなるべく排除しようと思った。

●出ないところを打つことが一番の無駄
毎日収益を上げるためには、店がどこで出すか・を完璧に見切ることが必要だった。出るときに
必ず打つ、出ないときに絶対に打たない。無駄使いする金を極力減らさないと、控除率で完璧に
負けることはわかりきってるし、その上不運で負けたら取り返しがつかない。だから、
どういうときに出るのか、ということをなるべくデータ化して、そのパターンに応じたときに
打つスタイルを守ろうとした。いわゆる立ち回りです。

●基本的に、店は出す気がなければ「出せない」はずだ。そのシグナルは何か?
まず朝一の段階で、派手な演出でオバケ一発とか、いかにも出そうだけれども結果として
出ない時は、少なくとも店には出す気がない。出るとしたら、店の設定したシマの利益が
確定した段階でしか出ない。これは、データ収集で確実だった。しかし、その設定されている
利益率が読めないと、打ち出しのタイミングが決定できない。結果、ちょぼちょぼ
大事に打って閉店まで不発、という部分がエラーになってしまった。


●設定やストックというのは、全く意味がない。
この後で説明しますが、ストックの有無とか飛ばしとか、設定が高いとか低いとか、そういうのは
まったく関係ないと思っていました。高度情報機器の現代で、設定とかストックとかあやふやなものを
ビジネスに利用できるわけないでしょう?まかり間違ってお店が損しちゃったらどうするんです?

●最初の段階で負けを作らされると、はじめから負けを背負ってしまう。
 そして、いくら金を使ったからって勝てる保証がない。
 だから、最初に大負けを作らないように、出るシマで・出る時間に
ピンポイントで打たないとダメだと思った。

横並びで出る『時間』があるというのは、誰でも経験していると思うのですが、これが
シマ遠隔で、コンピュータによって設定されている出玉率(還元率)と現状に応じて
フラグの取り消しと発行が自動で?行われる。
なんで気づいたかというと、ある店で負けて
店を出たときに、金物じゃらじゃらのおじさんに呼び止められ、「アルバイトやらないか?」
言われたことがきっかけだった。いわゆる「打ち子」の誘いだけど、その店はチェーン店のため、
店長が小遣いを月に50万くらい抜こうと考えていたらしい。「好きなだけこっちで出してやる。
いくら欲しい?」
と言われたが断ったのだけど、その自由自在に出せる口ぶりが気になった。
そこで、その店にはいけなくなったがいろいろな店で見ていると、確かに出方がおかしい。
裏物のシマをあるとき眺めていたら、それまで誰がどう打っても何も出なかったのに、
夜7時の時報とともに横並びで一斉に出だしたときに、シマ遠隔に気づいた。

僕が見ていた限り、このタイミングは時間によって発生すると見えた。裏ロムとか
そういう可愛いものじゃなくて、時間がきっかけになることで、僕が類推する限り、
ネットワークで利益率にあわせた自動操作とともに、各台のフラグをコントロール室で
好きに送れるよう。今のところ、全ての店で同じような作為の特徴が見られた(人為的な操作は、
必ず作為的な結果になるもの)。だから、どこの店に行っても強力な武器になると
思っていたし、気づいたばかりの頃は、これでタイミングさえ見抜けば絶対に勝てると
ほくそえんだものだった。事実、最初の頃はかなりの勝率をあげていたんだけど、
だけど、トータルで見ると負け越しのほうが多かった。シマ操作しかできない
ので、シマの予想と台の予想、これは出方である程度見当が付けられたけど、結局店が
出す気がないときに、シマ遠隔を信じて打ち込んで負けることになったり、つまりは
どうしても不可知の部分で負けてしまう。やっぱり僕には、未来は完全には
見えなかった。そして、不可知の利点で店が守られている以上、その程度、人より
認識が勝っていたとしても、「店」を崩すまでには至らなかったんです。
それと、こちらも打ち方がおかしくなるので、店には気づかれていたようでした。
何度も明らかに外されて、僕が諦めた後に1ゲームで大爆発とか、最近はかなり
えげつないこともやられてた。勝てる奴は店には不要だったようだ。

出るシマを見切って打てば勝てると思った。
その為に、1時間でも打たないで見ていたり、
認識を深めていくためにありとあらゆる努力をはらった。
だけど結果ゼロ、更に支払った時間と金はすさまじかった。

結局、初級〜中級でわかってたことが、一番の基本だった。店にとって、勝てる奴は
ビジネスの邪魔で必要ないってこと、つまり初級・中級で気づいていた
ことこそが最重要で、打ち方や立ち回りなんか、もう既に負けに取り込まれている
のに、なんらかの活路があるんじゃないかと勘違いしてたってことでした。

パチスロするなら、ビジネスで打ち子をやるか、もしくは自分もゴトで店と同じ能力で
戦うしかなかったのです。店が決めたルールでしか戦えない普通の客では、カモられて
食いつくされる一方でした。真面目に真剣にやるほど、地獄のようでした

僕は、こうやってとことんまで負けました。ここには書いていないけど、いろいろと
セオリー化した細かい動きもありますが、結局それが勝ちを得るまでには至らなかった
のです。僕は、人並み以上に認識が甘くて、不運な人間だったのでしょう。でも、理詰めで
考えて、更に実践して、結局勝てないという結論しかないことが、最後の最後でわかりました。
だけど、もし貴方がたとえば一ヶ月のトータルで買っているくらいの人
だったら、パチスロで勝ちつづけてください。
その才能は、きっと僕には及びも
つかない人なのだと思います。羨ましいと思います。

意地でパチスロをやっている人へ、
パチスロ屋への復讐の武器は、勝つことじゃなくて
絶対に店に行かないことです!
お金を使ってくれるお客が
いなければ、パチスロ屋は一番
困るし潰れるのです。

僕は愚かな人間で、死ぬほどお金を使って人生を棒に振りました。もう、後悔とか
そういう段階じゃなくなりました。そして、僕にはもうお金も必要ないのです。もし、
お金が欲しかったら、パチスロ必勝法とかありえないものを詐欺で売ったり、パチスロの
素晴らしさを書いたホームページにサラ金の広告を貼り付けて稼いだり、オンラインカジノの
広告を張ったり
とか考えたでしょう。だけど、ただでさえ負けてる人から取りたくない。
そして、自分が哀れだと思ったから、そういう哀れな人のヒントになればいいと思って
これを書きました。ここを読んでくれた人が、ずっと幸せでありますように。

さようなら。
posted by 堕落者 at 23:25 | 鳥取 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ・パチスロ

コピー その3

中級向け-理論からなぜ勝てないかを考える。
運に任せて適当に打って、
負けつづけている人は認識を深めよう

なぜ、勝てないのか。今日勝てないとか、明日勝てないとか、パチスロをそんな風に
認識しているうちは、「ただのカモ」です。では、パチスロが、客にとって
どれだけ分が悪いかを、いろいろ比較しながら説明します。

けっこう難しいことを言いますが、ゆっくりかみ締めて読んで、理解してください。
損得勘定の出来る人なら、読んだだけでパチスロがいやになります

1.パチスロには、控除率(寺銭)がない。これは客にとって最も分が悪い

テラ銭を説明します。いわゆるお店の「経費+利益」のことです。例えば、お店の売上が
一日1000万円あったとします。この中で、バイト代・光熱費・地代その他経費と儲けを
100万円に設定します。これがテラ銭で、残りの900万円は、出玉としてお客に
還元されるものとします。(パチスロはあらゆる意味で博打ではないのですが)通常の賭博では
テラ銭が法律で定められています。例えば、公営競技なら25%がテラ銭、残りがお客に
還元されます。宝くじもそうですね。逆にいえば、運不運を考えずに競馬や競輪をやった
場合、100万円使っても75万円しか戻ってこないということです。
最初から
負けを背負ってやっているわけです。25%の控除率というでも、死ぬほどお客にとって
分が悪いのですが、パチスロに至っては控除率の規定がありません!つまり、
貴方が13時間で20万円使っても、1枚の出玉を出さなくても許されるのです!
根こそぎボッタくっても法的に問題ありません(ちゃんと税金さえ払えばね)
根こそぎボッタくっても法的に問題ありません(ちゃんと税金さえ払えばね)

2.パチスロというゲームは、勝てる張り方が出来ない

例えば、丁半博打をやるとしましょう。バカラでもなんでもいいですが、普通のギャンブルは
自分で張り額を決められます。もちろん、ハウスが受けられない限度額はありますが。
パチスロを考えてみましょう。Aタイプの台を一台当てるためには、いくら必要ですか?
答えは、「いくら使うかわからない」ですね。そして、あたった時に何枚でますか?
答えは、「400枚前後」ですね。さて、いくら使うかわからないのに、400枚しか
もらえません。
規制という名目で法律によってあま〜く守られているルールです。
丁半博打だったら、運の様子を見ながら、当たると思ったときに張り額を増やして、
それなりの配当を得られます。これはバカラなどでもセオリーですが、パチスロに
それは通用しません。10万打って単発でおわり・なんて経験、ありますね。
これは、絶対に不利なんですよ。出たときの連チャンは、店が決めることですから。
法律によっても店が完璧に守られ、有利な立場にあることが丸わかりですね。

3.パチスロ店はビジネスである。だから、絶対に赤字を出すわけがない

ビジネスで赤字出すことは、よく聞く話ですが、パチスロ店に関して言えば、確実に
利益が出ます。そもそものテラ銭による負担を気にしなくていいこと、一度食いついた客は
必死に飛ぶまで毎日きてくれること、更に細かいテクニックとして客の金の使い具合に
よって出玉を時系列で調整できること(つまりインチキだと僕は思っていますが)で、
少なくとも赤字を避けることは出来ます。後は、客を誘い込んで売上を伸ばすだけです。
売上が伸びれば、客にある程度還元できますし、イベントとかやるのは、このように
売上を伸ばすためです。だって、売上を上げて沢山のお財布からいい感じに
絞らないと、もう半年も乗っちゃったベンツも買い換えられないし愛人も増やせないし
毎日うまいモンも食えないじゃないですか?そんなの誰でもいやでしょ?(笑)

4.パチスロ店は客の総合を相手にしている。個人はどうでもいい

貴方が使ったお金と換金したお金は、貴方の財布で完結しますが、店は総合の売上を
気にしています。現在、お客がいくら金を使って、店はいくら利益が出ているか。
この情報は、時間単位まで細かく、店側が把握できると僕は思っています。もちろん、前日に
設定した利益率にあわせて出玉が完璧に制御されているとも思っています。
貴方の運?は、貴方の中で完結している。しかし、店は「運」なんていういい加減なものに
全く頼らず確実に利益を確保できる。これほど客にとって悲惨で分が悪い事実はありますか?

どうでしょう?ここまで読んで、普通に打ってて勝てる気がしますか?
僕は、ここまでの事情は、割と早い段階で気づきました。
もし気づいていなかったなら、怪我は浅いです。今すぐ止められると思いますよ。

傾向から見る客扱いと集客・客分類について

概ね、常連を食いつぶしている田舎の店は、売上が小さいですし、お客に飛んでもらったら
心底やばいので、お客に対して心配りをします。あまりに吹っ飛びすぎた客には、遠隔で
一発入れてあげることも。客を大事にして、長期間に渡ってじわじわと利益を出して
貰うという方針でやっていると思います。

駅前店・特に地方都市や商業都市の大型店は、そうではありません。恐ろしいことに、
一見の客なんか全財産飛んでもらって潰れたとしても、代わりにいくらでも一見の客は
入ってくる
ので、看板台もハメ台も派手です。こういう店では、沖スロやボーナス継続型、
そういう射幸心をあおるような台を多数入れます。すさまじい利益率をたたき出せるのは、
こういう立地条件に恵まれた店です。

基本的に、若い客はお金を持っていないし、「出ない店」と思えば、二度と来ません。ですから
ですから、店にとってはあまり嬉しくありません。嬉しいのは、サラリーマン、
主婦、風俗嬢、昼間からぶらぶらしている遊休層、年金をつぎ込む爺婆
です。
若い客と違って態度はいいし、何を勘違いしているのかニコニコしながらもくもくとお金を
つぎ込んでくれますし、稼働率と売上を上げるのにはもってこいのお客様です。
昼間の売上を支えてくれる層と、夜のサラリーマン。パチスロ店にとって、最高の
お得意様です。だけど、店はそのお得意様を、金を運んできてくれるカモとしか
思っていません。そんなパチスロに、あなたはどこまで金をつぎ込みつづけられますか?

あなたが負けた金は、現実的に失った金だ。
たとえ明日が給料日で、口座に金が増えたとしても
あなたがパチスロで負けた金が
戻ってきているわけではない。

パチスロで負けた金は、そのほとんどが店に・それと一部が勝った誰かに渡ったわけだ。
その負けは、言い訳も何もなくてあなたが確実に失った金だ。
来週は給料日だからいいや、というのは、負けに対する危険な欺瞞。その給料は、貴方が
一生懸命働いた金だろう?それは、パチスロと何の関係もないじゃないか。

「今日は万枚で20万円勝った!」
「こないだ勝ったから今日負けてもしゃあないや」
「今日は角番がでてたな、明日は勝つぞ!」
期待感と射幸心の甘く恐ろしい罠と
取り返しのつかない中毒の怖さ

パチスロ店に限らず、ギャンブルや儲け話の一番の味方が、期待感・射幸心など人の甘さ。
これは、中途半端な貧乏人や、のめりこみやすい人、一攫千金を狙う人がいちばん強い。
店と比較して、客が決定的に不利なのは、ブラックボックス・運という不可知の部分
なのです。
店は全てを把握してコントロールしている神の立場。反して客は、お釈迦様の
手のひらの上で遊ばされている孫悟空のようなもの。

人間、なにかしらに依存しているものですが、その自分を冷静に客観的に見ることが出来なく
なるのが、パチスロの恐ろしさです。人の心理的な弱さと、それを引き出すゲーム性を、
パチスロ業界は味方につけているのです。たとえば、貴方は透明な箱で、
中に一つも当たりのないのが見え見えのくじを、お金を出して引こうと思いますか?

ギャンブルは、全部そういうのを味方につけています。ギャンブルの経営に、無駄なことは
一つもありません。ビジネスとして、いかに気分よくお金を浪費してもらえるか。それだけが
命題です。例えば、お店のそばにキャッシングを誘致したり、わざとイライラして金を使わせる
ような店の作りにしたり、見通しのよいシマ配置にして、出ている台がいやでも目に付くように
セットしたり、バイトのオネーチャンはミニスカだったり、単価の安いコーヒーサービスを
してみたり、まったく本当にビジネスに特化した無駄のなさに驚きます。
そして、経営者はお金を運に頼らず確実に手に入れていますから、あなた方のように
射幸心で必死になる必要がありません。そうです、お客は認識の浅いオモチャなんですよ。


posted by 堕落者 at 23:24 | 鳥取 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | パチンコ・パチスロ

のこして欲しいようなのでコピーしてみた。 その2


 

初心者向け-パチスロはバカらしいもの、今が止めどき

初心者の人は、かならず早い段階で勝ち味を得ているはずです。昔からビギナーズラックという
言葉で言われてます。というか、何回かやって勝てなかったら、普通は「つまらない」と思うものです。
ですから、まずは初心者に、病み付きにさせようとあの手この手を使ってきます。
「つまらない」と思われてしまったら、お金をつぎ込むお客さんにはなってくれないですから。

だから、メーカーもパチンコ屋も、貴方を何とかしてパチンコ中毒にしようと思って、その一点に
力を絞って戦略と戦術を展開してきます。お金を儲けようとしているビジネスに、なんとなくとか
いい加減にということは一切なく、貴方のお金をいつまでもつぎ込みつづけてもらえるように、
必死に商品開発や営業を行っています。


どうですか、少しわかりますか?例をあげます。

●人気キャラクターのマンガやアニメ、アイドルでなじみやすいキャラクター商品にします。
●射幸心をあおるために、ストックというレンチャン機やボーナスの連続を、規定で認めさせます。
●出玉が多いということは、金銭感覚をマヒさせますので、一回に使わせるお金を多く出来ます。

ごく表面的な部分でも、これだけの仕掛けがあります。

人間は弱いものです。例えば、20万勝てる機械なら、10万負けていても、
勝てれば10万円勝ちになります。可能性としては。これが射幸心です。
これを何を根拠にやるか、ということで、初心者はただ単に「アツク」なってお金をぶち込み
つづけたり、運を信じて銀行とパチンコ屋を往復する羽目になってしまいます。
それで、たまに勝てると、その記憶だけが残るものです。

そこから泥沼の地獄が始まるのです。株ほどの自殺をしなければの大負けをする人は少ないです。
だけど、貴方が一生懸命働いたお金を、貴方の許せる範囲で、確実にじわじわと
吸い上げていきます。しかし、貴方は「運が悪かった」などと、自分に都合のいい理屈で
勝手に納得してくれます。ありがたいですね、店がどんなに絞っても、
お客さんは自己責任で納得してくれるんですから。基本的に、パチンコ屋に来る
お客さんは、勝手にやってきてお金を使ってくれるカモです。

店やメーカーがまず最初に注力するのは、初心者をカモに育てることです。
そして、果てしない中毒者にして、ビジネスの稼ぎかしらになってもらうことです。

僕は、何でもありの商売だったら、パチンコ屋が最高の
”ビジネス”だと思っています。合法ですし、お客さんを中毒者にして縛り付ける手だったら、
僕は今のパチンコ屋なんか比べ物にならないくらいきめ細かくやって、大繁盛させる
自信がありますよ。お客は全員、自分の店のトリコにして、出せるだけの金は
ギリギリ全部置いていってもらいます。


では、貴方は何を考えてパチンコ屋にいくのですか?
運ですか?楽しいから?儲かるかもしれないから?
僕は、とことん研究して、セオリー化して勝てる手を探そうとしました。
でも、ダメでした。止めることが、最高の手段だという結論を得たのです。

貴方が初心者で、これまで何度か負けていて、これまでの
トータルでマイナスになっているとしたら。
そのトータルが、この先も続くと思ってください。
でも、初心者だから負け味が身にしみるまでわからないかも
しれません。もし、貴方が負け味を知らなくても理論的な
人だったら、次の中級を読んでください。
そしたら、少しは納得できるかもしれません。



負けの傷が浅いうちなら、パチスロで負けると何も残らないということを、
思い出してください。そして、そのくだらない時間と失うかもしれないお金を、
彼女との旅行やデート、本を読んだりゲームやCDを買ったり、友達と楽しく
過ごすために使ったほうが幸せなのだと思ってください。

初心者の貴方にこそ、伝わると思う言葉を書きます。
パチスロで負けたとき、むなしかったですよね?
それをこの先も無限地獄のように味わいたいですか?
今の貴方なら、いい時間とお金の使い方が出来ます。
パチスロをやめるなんて簡単なはずです。

トップページです。

中級者向け、ある程度理解のある人。

転落者・詳しい人向け、シマ遠隔操作などの中毒テクニックについて。

掲示板です。

posted by 堕落者 at 23:19 | 鳥取 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ・パチスロ

のこして欲しいようなのでコピーしてみた


このホームページへ来た人へ。

はじめに、僕の自己紹介をします。僕は、20代後半まで普通に会社勤めをしていました。
あるとき、体を壊して会社を辞めざるをえなくなり、そのときの貯金は500万円くらいありました。
ちょっと体が回復した時、ひまで仕方なくってパチンコ屋に行ったのが、僕の人生転落の始まりでした。

2〜3回同じ店に行ったとき、僕は2000円で5万円勝ったのです。これが、ビギナーズラック?という、
初心者をパチスロ中毒にするための手法だとは、そのときは気づきませんでした。

その後、その勝ち味を忘れられなかった僕は、その後店を色々変えたりしながら、
毎日パチスロに通い、たまに勝ってほとんど負けつづけました。
そして、500万円の貯金は1年経たないうちに全部なくなっていました。

ほとんどの常連達も、来るたびに根こそぎ持ち金を絞られて、たまに勝たせてもらって
例外なく負けていました。そして、勝ちつづけているパチプロという人種が
どこにもいない
ことも、この目で知りました。

仕事につけばよかったものの、僕はいつか勝てるのではないか、どこかに勝てる方法が
あるのではないかと思い、研究に研究を重ねました。そのお金は、サラ金でまかないました。

借金を返すために、またサラ金に金を借りて、当時付き合っていた彼女にもお金をせびりました。

そして、あるとき、僕は彼女の大事にしていた預金に手をつけました。
そして、残高の200万円を全て使い果たしてしまいました。

彼女は、何も言わずに僕の目の前から去っていきました。
それでも、僕はパチスロをやめませんでした。

そして今年、僕は普段の無理な暮らしのせいか、体調がおかしくなりました。今は、もう
家で少ししか動くことが出来なくなり、胃がおかしくて吐血するようにもなりました。
病気が悪化したのだと思います。健康保険料も納めずにお金を
パチスロにつぎ込んでいた僕は、もう医者に行くこともできない。

体がだめになる前に、僕の人生の末路を、何とかして誰かに知らせたい。
だけど、僕には友達がいないので、このホームページを見てくれた人を友達だと信じて、
何かを残そうと思います。

もし、貴方が、ここまでの僕の人生の途中にいるんじゃないかと思ったら。
もし今日、負けて、「やらなければよかった」と思ったなら。

僕は、貴方がパチスロをやめる手助けをしたい。あなたが、僕のような人生の最後を
迎えないで済むように、いい人生を送れることが、今の僕の希望です。

初心者向け、怪我の浅い人への基本的な認識です。

中級者向け、ある程度理解のある人。

転落者・詳しい人向け、シマ遠隔操作などの中毒テクニックについて。

掲示板です。



読んでくれた誰かにお願いがあります。

このページを残したいから、誰か管理してください。
このままだと、いつか消えてなくなっちゃうだろうから。

勝手に内容をコピーしたり、ホームページをダウンロードして、
複製のホームページを作ってもらっても構わないです。
多くの人に読んでもらえたらと思います。
トップの絵は、ふざけて作ってみました。でも、作っていても楽しくなかったです。


ヤホーの検索で探されやすくしました。複製するときに、文章を足してもらえませんか?
どうすれば、多くの人に見てもらえるのでしょうね。

パチスロ,スロット必勝法,確実に勝てる,絶対勝てる方法,必ず勝てる,新装開店,秘訣,コツ,連荘,れんちゃん,連ちゃん,連チャン,モード移行,やめどき,止め時,見切り,裏物,B物,Bもの,ハウスもの,ハウス物,設定判別,ゴトセット系攻略パチスロ・スロットの攻略法を完全無料。技術介入、日々の情報収集で勝率が上がります。パチスロ攻略情報役に立つ情報攻略法で万枚、正しい店選びと台選びの秘訣、絶対に勝てるパチスロ攻略法、パチスロ 無料攻略法、パチスロ攻略法無料体験、パチンコ・スロット、パチスロ攻略法暴露サイト、現役プロのパチスロ攻略方法、必ず勝てるパチスロ、パチスロ攻略情報、勝てる稼げるパチスロ必勝法、実戦パチスロ必勝法、爆発台の予想、必勝情報 GoGoジャグラー、ニューパルサー、花火百景、おさるの超悟空、アントニオ猪木という名のパチスロ機、アントニオ猪木自身がパチスロ機、北斗の拳、黄金神、旋風の用心棒、ドロンジョにおまかせ、スーパービンゴ、ゴールドXR、ダンスナイト、ビーストサップ、スーパーブラックジャック、ファイヤードリフト、吉宗、サンダーバード3、巨人の星、マッハGoGoGo、メタルスラッグ、安西ひろこの黄金の秘宝、シンドバッドアドベンチャーは榎本加奈子でどうですか、ガメラハイグレードビジョン、主役は銭形、鉄拳、ボンバーパワフル、目指せドキドキ、設定判別ストック放出モード、完全告知 海人30 大花火30ゴールデンベル30シオマール30島唄30島娘3スーパーリノ30シオラー30てんとう虫30ニライカナイ30ハイハイシオサイ30ハイビ30花伝説30ハナハナ30ビッグシオ30ブルーラグーン30夜叉30琉王30ワンバーワン30アステカアステカレジェンドアレックスイレグイEカップ大花火クランキーコンテスクランキーコンドル グランシェル コンチ4XサンダーV海一番ジャグラースーパービンゴ

 
posted by 堕落者 at 23:19 | 鳥取 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ・パチスロ

パチンコ・パチスロは詐欺か?

この言葉が真実なら詐欺になるな
 

競馬だって宝くじだって結果が分からないからギャンブルが成立する。 株は相場の奪い合いだ。
パチンコ、パチスロなんて勝ち負けを店が操作しているんだからギャンブルでもなんでもない。 詐欺だよ。
博打のおそろしいところは、ひょっとしたらお金が戻ってくるのでは?お金は増えるのでは?という点。
プレイ自体に金銭的価値がなくとも、インチキし放題でも店員がDQNでも商売が成立するんだよ。
パチンコ、パチスロに射幸心を抜いたらなにも残らないよ。

賭博とはある確率であたることがわかってることを
偶然に任せて分配することなのだ。
パチンコは分配の確率が確定してないのに
客にある確率であたると錯覚させてやらせる
出玉というか還元率を操作するんだから偶然にまかして配分もしていない

posted by 堕落者 at 21:37 | 鳥取 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ・パチスロ

ギャンブル依存・病気?

ギャンブルは依存する
それは当たり前のことでしょか?
それとも、病気?
 

「ギャンブル依存」、「パチンコ、スロットやめたい」とネットで検索すれば、
これでもかと出てきますね。それだけ、「やめたくても、やめれない人」が
多いということでしょう。

「もう、絶対やらない」、「今日で最後だ」、「次勝ったらやめる」など、
ただ漠然とそう思っただけではやめることは難しいのです。

一時的に欲望を無理やり押さえ付けただけであったり、
一時的に欲望が満たされたのでやめようと思っただけであったりで、
時間が経てば、また同じことを繰り返してしまうことになるでしょう。

大事なことは、「何故、自分はやめようと思うのか?」、
「何故、やめられないのか?」ということを、表面的なことだけではなく、
じっくり、自分自身と正直に向き合う必要があるのではないかと思います。

それにはまず、ギャンブル依存症という病気がどんな病気で、
自分はどれくらいギャンブルに依存しているのか?
このままやり続けたらどんなふうになるのか?
ギャンブル依存から抜け出すには、まず何をしなければいけないのか?など、
正しいギャンブル依存の知識を身に付ける必要があります。

ギャンブル依存症について無知な人は、
「そんなの簡単に治るよ」、「お前の根性が足りないんだ」などと、
無責任に言いいますが、病気にそんな精神論はあまり通用しないのです。

高熱を出して苦しんでいる人や、ガンになって苦しんでいる人には、
誰も上記の言葉をかける人はいないはずです。
治すには、病院などで正しい治療が必要でしょう。

依存症も病気ですから、同じように何らかの治療が必要になるのです。
「そんな大げさな」と思う人もいるでしょうが、それが真実なのです。

しかし、どれだけ自分がギャンブルに依存しているかには個人差があるので、
必ずしも、全員が病院に行く必要はないとは思いますが。

借金を重ねて、それが、どんどん膨らんでいっても、
それでもギャンブルがやめられないような人は、
もはや、これ以上、自分ではどうしようもないのは間違いありません。
一度、精神科に行くことがいいのではないかと思います。

 
自分にも言えるのですが、パチスロ再開したら人生が狂ってきている
一年間スロしていない年と比較して思うのです
病気でしょうか?単なる馬鹿?脳が逝かれている?
自分でもわけわからんのです
posted by 堕落者 at 17:16 | 鳥取 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | パチンコ・パチスロ

ホルコン・遠隔・当たるわけがない

ホルコン・遠隔装置等の特許内容を公開パチンコ、スロット台には、自力入力端子と外部入力端子という二つの端子があり、自宅で遊ぶ場合や、検査機関の試験を受ける場合は自力入力端子を使用する。
ホルコンを接続するのは外部入力端子を使用する。 パチンコ・パチスロ用のホスト・ホールコンピューター 
 
遠隔ですか(;。;)
 

Q なんでパチンコホールの店員は、出玉交換時にインカムで連絡を入れる必要があるのか
A ホルコン導入以前のホールでは、現在のような、出玉交換時の頻繁なインカムでの連絡は見られなかった。また、よく考えれば分かることだが、台が完全確率に基づいているのであれば、出玉交換時のインカムの連絡は全く必要がない。従って、大なり小なり、客の出玉をなんらかの形で管理している可能性が極めて強い。

Q パチンコホールの定休日がなくなったのはなぜか?
A ホルコン導入以前は、釘調整の為、少なくとも週一日の定休日が必要だったが、現在、新装開店の前日が休業日になる以外は、年中無休の店が多い。ホルコンの操作で簡単に売上が設定出来るので、定休日は必要なくなったと思われる。

Q デジタル機以外の、純粋な一発台や羽物が消えつつあるのはなぜか
A ホルコン導入以前の羽物には、ラウンド抽選等のデジタル抽選機能はついていなかった。ホルコンでは純粋な役物機の制御は無理なので、新基準機が必要になった。ホルコン制御が出来る機種に、順次入れ替えられていったのは、その後の経緯が証明する通りである。管理化は年々進む一方で、エスカレートしている。

Qホールがホルコンを導入するメリットは?
Aパチンコホールも企業である以上、計画的な資金繰りが必要で、その為には計画的な利益確保が不可欠である。数百台ものパチンコ台を釘調整だけで、短期的に売上をコントロールするのは難しく、また、調整にも大変な労力と時間が掛かるし、リスクも大きい。定休日のない最近のホールでは、週に何日かは徹夜作業になってもおかしくないが、そんな話は全く聞かないのが不思議である。ホルコンによる徹底管理によって、計画的で頻繁な新台入替や、自由自在な売上調整、利益確保が可能となった。また、プロの排除や、遠隔操作による演出等、そのメリットは計りしれない。

Q ホルコンが導入されているにもかかわらず、客に公表されないのはなぜか?
A ホールの思うがままに大当たりをコントロール出来、遠隔操作等が可能な実態が明らかになれば、ホール、メーカー、検査機関、その他パチンコ関連の産業は信用を失い、業界ぐるみで大打撃を受けることになる。ホルコン及び遠隔装置はパチンコ産業のトップシークレットであり、操作が密室で行われることを利用して、その秘密は堅く守られている。

Q ホルコンは違法ではないのか?
A 特許というものは、基本的に違法な物は認可されないものなので、特許が認可されたということは、合法であると国が認めているということ。当然のことながら、ホルコンを使用した全体の出玉調整も合法となる。個人を標的にした遠隔は違法であるはずだが、こちらも特許が認可されているところを見ると、その法的な根拠は非常にあいまいである。

Q ホルコン時代の釘調整の意味は何
A 大当たりの発生には直接関係しないが、玉持ちの良さや、回転数消化によるロムの消化、賞球数の調整に影響している。新装時や、イベント時に、台の調整を甘くしているという、ホール側のアピールに使われることが多い。業者推奨の釘を従業員が適当に叩く程度で、ホルコン導入以前のように、高給取りの釘師が専門に叩くというようなことは、現在ではなくなっている。

posted by 堕落者 at 17:09 | 鳥取 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ・パチスロ

番長

連れが、パチスロをしていると言うので様子見に行ってみたら
打ちたくなってきたので
番長を打ってみることに、三日前にBig21回前日0回今日0回の100回転
これは出るだろうと勝手に想像し打ってみることに、4000円でボーナス確定の告知が
されど非常にもBARそのまま128Gも簡単に超えたので帰ってきてきました。
最近は全てBARばかり、これはパチスロするなのとの
 
告知なのでしょうか?
 
posted by 堕落者 at 16:54 | 鳥取 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ・パチスロ

2006年04月15日

"ギャンブル性が高すぎて客が半減" パチンコ30兆円の行方…「遊べるパチンコ」

パチンコに行っても、お金を使わされるばかりで楽しさがわからない――。パチンコで
遊ぶ人が往時の半分近くに減り、業界側が危機感を深めている。規制の変更も手伝って
一部のホールは「遊べるパチンコ」の復活をめざして動き始めた。しかし、ギャンブル性を
売り物にしてきただけに方向転換は簡単ではない。本当に大衆の娯楽になることはできるのか。

社会経済生産性本部の「レジャー白書」によると、90年代前半に3000万人の
パチンコの「参加人口」は04年度には1790万人と、半分近くに減った(表(1))。
この間にパチンコ・パチスロは、当たる時には何十万円分も出るような射幸性が高い機械が
もてはやされ、短時間に何万円も使ってしまう遊びになった。客が減ってもホールの売上高が
年間30兆円前後を維持してきたのは、射幸性を高め1人当たりの売上高を増やしてきた結果だ。

beモニターへのアンケートでもパチンコを「よくする」人は0・9%で、最近もしている人は
8%にとどまる(円グラフ)。「パチンコで離婚してしまった親類がいる」(東京、25歳女性)
という声もあった。玉屋の岩見吉朗社長は「射幸性の高さについてこられないユーザーを
無視して市場が『砂漠化』した。気軽に遊びたい『ライトユーザー』を呼び戻す『緑化事業』は
時間も費用もかかりますが、必要だと考えています」と話す。

パチンコ業界は風俗営業法の規制を受ける。所管する警察庁は04年7月にパチンコ・
パチスロ機の規則を変え、射幸性を抑える方針を打ち出した。パチンコホールは3年間の
経過措置の後、来年夏までに射幸性に頼らない経営への転換が求められている。

警察庁生活環境課の井口斉課長は「パチンコは射幸性が高くなりすぎていた。サラ金から
借金をしてまでのめり込み、生活破綻(はたん)にいたるばかりか、犯罪に走るケースも
あると聞く。そこで現在、本来の大衆娯楽に戻す取り組みを進めている」と説明する。
posted by 堕落者 at 21:59 | 鳥取 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | パチンコ・パチスロ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。