アクセス解析 合計 今日 昨日 カウンター 堕落した日々を目指して: 携帯関係
このブログはFirefoxで作成しています。 他のブラウザでは文字化けや文字が重なる場合があるので注意してください。 駅弁
新着記事

2009年04月01日

機種変更完了

43Sから65Sに機種変更しました。

小さい携帯だ

なかなか慣れるのに大変だろうと思います

しかし、小さい割には使いやすいのかな?

シンプル一括で0円は最高です。

今でも0円みたいだ
posted by 堕落者 at 07:05 | 鳥取 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 携帯関係

2009年03月28日

さて今日は、携帯でも機種交換してきますかね

今の携帯は43S

もう二年前の携帯です。

古すぎてニュースフラッシュもデコレーションも使えない

とても古ぼけた携帯です。


だから、今キャンペーンしている

Xなんたらって携帯に変えてきますかね

シンプル一括5000円だから安いんだよね

このまま使ってもいつかは壊れるしね〜〜〜

今のうちに機種変しておきます

posted by 堕落者 at 08:06 | 鳥取 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 携帯関係

2009年01月21日

auからdocomoへ

最近特に思うことは

子供も生まれてくると分かるのは、とにかく親と病院に電話かけること

そうなんです

通話料だけでも3000円とか6000円とかかかるのですよ

それも妻が親にかけるのが一番多いみたいです。

そこで、親と同じdocomoに移転するかなと言うものです。

これならメールも無料になりますし

電話かけても安心なのです。

家計に優しい

このご時世安くすむためなら何でもしないと
タグ:移転 DoCoMo au
posted by 堕落者 at 22:30 | 鳥取 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 携帯関係

2008年12月24日

win62saが壊れた

とうとう壊れてしまいました。

風呂場に毎日持っては行っていたら壊れました。

たぶん水が中に入って壊れたのでしょう

防水機能も過信したら事故の元
タグ:壊れた win 携帯
posted by 堕落者 at 22:26 | 鳥取 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 携帯関係

2008年12月09日

クリスマス金がナイナイクリスマス

本当に金がないぞよ
クリスマス
posted by 堕落者 at 22:24 | 鳥取 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 携帯関係

2008年10月05日

携帯先月の一位はW61Tであります

しかし
下の写真を見ると一人ずつ買っているのでないのでしょう


61T61T61T61T


買いすぎだ。
posted by 堕落者 at 07:54 | 鳥取 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 携帯関係

2008年08月25日

61Tシンプルプラン9800円なり

本当に買えるのかは試していないのでわかりませんが
サイトを見つけたので載せてみます

w61tだけど、シンプル一括機種変で9800円
今日までの限定価格
http://www.f-prize.co.jp/au/products/list.php?category_id=2

これ本当に9800円なのだろうか?

posted by 堕落者 at 21:49 | 鳥取 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関係

2008年03月20日

、「ブループラン」専用のパケット定額サービス「パケット定額フル」「パケット定額Biz」への申し込み受付は3月31日で終了する。

ブループランの方は要チェックですよ

但しこれらのサービスを利用している顧客は、契約内容を変更しない限り、今後も継続して利用できる。

で「ブループラン」ってどんなプラン?
posted by 堕落者 at 19:57 | 鳥取 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 携帯関係

JR東日本、「モバイルSuica」導入セレモニーを開催…新料金:東京−仙台間が9700円に

田舎の私には関係ないことですけど

JR東日本は14日、15日からのダイヤ改正に合わせて開始する、
電子マネー機能付き携帯電話によるチケットレスサービス「モバイルSuica特急券」の
導入セレモニーを開いた=写真。

電子マネー付き携帯電話をICカード乗車券として活用するサービスで、運
賃には自由席と指定席のどちらも同額で利用できる新料金体系を導入。
東京−仙台間で片道9700円(通常指定席1万590円)など、
東北新幹線で従来比平均9%安になるお得な料金水準とした。

チケットはネット上の専用サイトから携帯電話やパソコンで購入し、
代金はクレジットカードで決済する。
券売窓口に並ぶことなく、車両の混雑状況に応じて自由と指定の座席を柔軟に選べるなど、
出張の多いビジネスマンの人気を集めそうだ。

ソース
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200803150032a.nwc


人気でるのかな?
posted by 堕落者 at 16:32 | 鳥取 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関係

auW62SAを購入してみました。

最後の三洋携帯と言われている携帯なので購入してみる事にしました。

厳密には鳥取三洋最後の携帯らしいのですけど

大阪三洋と鳥取三洋は別々に携帯を作っておりまして

61SAが大阪三洋の最後の携帯62SAが鳥取三洋の携帯であります。(大阪は京セラに売却したのでもしかしたら当分でるかも?)

62SAは防水携帯らしくお風呂や台所に置いていても壊れる事もないようです(40度以上は保証されていません)

防水携帯の良い所は汚れたら水で洗い流せる事と、お風呂に入りワンセグメールWEBをしながら長風呂出来る事

電池も300分と長持ち長持ち
posted by 堕落者 at 13:37 | 鳥取 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関係

2008年03月10日

ソニー:NTTドコモ向け携帯電話端末から撤退、開発・生産中止…国内事業を縮小

次のメーカーは何処だ?

ソニーはNTTドコモ向けの携帯電話機事業から事実上撤退する。年内に開発・生産を
打ち切り、国内の携帯事業を大幅に縮小して主力の海外事業に注力する。飽和傾向を
強める日本の携帯電話機市場には約10社のメーカーがひしめき、収益環境が悪化している。
すでに中下位の三洋電機と三菱電機は撤退を決めており、市場淘汰の流れが大手にまで
波及してきた。

 ソニーは折半出資会社である英ソニー・エリクソンを通じ、世界で携帯電話を
「ソニー・エリクソン」ブランドで製造・販売している。国内ではドコモとKDDI(au)に
製品を供給。春商戦向けの新型機はドコモに3機種、KDDIに2機種を納入している。

http://it.nikkei.co.jp/mobile/news/index.aspx?n=AS1D0900N%2009032008
posted by 堕落者 at 08:18 | 鳥取 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 携帯関係

2008年03月04日

EM ONE S01SH

EM ONE S01SHを購入出来そうだと思うと

何ができるのか調べてみた。

無線ランも使えるので家で使えるしWrodも編集か加工もできるようです。

仕事につかえるか?
posted by 堕落者 at 18:46 | 鳥取 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 携帯関係

2008年03月03日

三菱電機:携帯電話端末の開発・生産から完全撤退、技術者をカーナビなど成長分野に投入

撤退か

三菱電機は2日、携帯電話端末の開発・生産から撤退する方針を明らかにした。3日午後にも
発表する。

 契約数が1億件を突破した国内の携帯電話市場は飽和状態に入り、端末の売り上げは伸び悩み、
端末メーカーの多くは採算の悪化に苦しんでいる。三菱電機は低収益部門から撤退し、
経営資源をより収益力の高い部門に集中する。国内の大手電機メーカーでは、1月に三洋電機が
携帯端末事業を京セラに売却することを決めたが、他社に売却せず完全撤退するのは初めてだ。

 三菱電機は現在、NTTドコモにだけ端末を納入しており、1月に発売した携帯電話端末
「FOMA D705i」を最後の製品とし、5月にも予定していた次期機種・D906iの発売は取りやめる。

 携帯電話端末は、地上波デジタル放送「ワンセグ」の視聴や音楽、ゲームなど、高機能化で
開発費が高騰する一方、製品のサイクルは短く、採算悪化に苦しんでいる電機メーカーは多い。

 三菱電機が他社への事業売却ではなく、開発・生産の中止による撤退を決めたのは、
携帯電話の技術者をカーナビゲーションなど成長分野に投入するためだ。

 三菱電機の携帯電話端末の国内出荷台数は2006年度で約300万台。国内シェア(占有率)は
下位に位置している。三菱の撤退をきっかけに今後、携帯電話端末メーカーの再編が
さらに進む可能性もある。

 民間調査会社、MM総研(東京・港区)によると、国内の携帯電話端末の販売台数は07年度で
4980万台。2010年度には4200万台まで減少する見通しだ。

 電機メーカーは、NTTドコモなど携帯電話事業者の経営戦略に沿って端末を生産し、
納入した端末は携帯電話事業者が販売している。一般の家電製品と異なり、新製品の
発売時期や仕様、新技術の採用などは基本的に携帯電話事業者が決め、電機メーカーは
納入業者という位置づけだ。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20080303-OYT1T00093.htm

携帯事業は終わりに近づきつつあるのか
posted by 堕落者 at 21:12 | 鳥取 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関係

三菱電機:携帯電話端末の開発・生産から完全撤退、技術者をカーナビなど成長分野に投入

撤退か

三菱電機は2日、携帯電話端末の開発・生産から撤退する方針を明らかにした。3日午後にも
発表する。

 契約数が1億件を突破した国内の携帯電話市場は飽和状態に入り、端末の売り上げは伸び悩み、
端末メーカーの多くは採算の悪化に苦しんでいる。三菱電機は低収益部門から撤退し、
経営資源をより収益力の高い部門に集中する。国内の大手電機メーカーでは、1月に三洋電機が
携帯端末事業を京セラに売却することを決めたが、他社に売却せず完全撤退するのは初めてだ。

 三菱電機は現在、NTTドコモにだけ端末を納入しており、1月に発売した携帯電話端末
「FOMA D705i」を最後の製品とし、5月にも予定していた次期機種・D906iの発売は取りやめる。

 携帯電話端末は、地上波デジタル放送「ワンセグ」の視聴や音楽、ゲームなど、高機能化で
開発費が高騰する一方、製品のサイクルは短く、採算悪化に苦しんでいる電機メーカーは多い。

 三菱電機が他社への事業売却ではなく、開発・生産の中止による撤退を決めたのは、
携帯電話の技術者をカーナビゲーションなど成長分野に投入するためだ。

 三菱電機の携帯電話端末の国内出荷台数は2006年度で約300万台。国内シェア(占有率)は
下位に位置している。三菱の撤退をきっかけに今後、携帯電話端末メーカーの再編が
さらに進む可能性もある。

 民間調査会社、MM総研(東京・港区)によると、国内の携帯電話端末の販売台数は07年度で
4980万台。2010年度には4200万台まで減少する見通しだ。

 電機メーカーは、NTTドコモなど携帯電話事業者の経営戦略に沿って端末を生産し、
納入した端末は携帯電話事業者が販売している。一般の家電製品と異なり、新製品の
発売時期や仕様、新技術の採用などは基本的に携帯電話事業者が決め、電機メーカーは
納入業者という位置づけだ。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20080303-OYT1T00093.htm
posted by 堕落者 at 21:12 | 鳥取 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関係

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。